2009年05月20日

平成7年 5月21日 










平成7年 5月20日 土曜日でした

朝、目が覚めると

横で寝ていた同い年の旦那

苦しそうにハーハー息を荒げてます

熱を測ってみると

41度

ビックリして飛び起きてすぐ病院へ

土曜日だったので

当直医との事

結局、風邪とも何とも言われず

病名はわからないまま

座薬だけ入れられて

薬もらって家に帰りました



その頃私は家から5分位の所にお勤めしてたので

遅れて出社

これが後に、私を苦しめる事になるとは

思ってもいませんでした



昼休みに家に帰ってみると

座薬のせいか熱は下がってましたが

ご飯は食べたがらなかったので

薬だけ飲ませて

私はまた仕事へ戻りました



土曜日は娘が上通りの英会話教室に通っていたので

6時に仕事が終わりそのまま迎えにいきました

土曜日の夜、繁華街はどこを通っても渋滞

家に帰り着いたのは、もう8時前でした



部屋は真っ暗なまま

電気をつけて声をかけると

旦那の顔を見て、ビックリしました

顔に1,2センチ位の斑点が一杯

急いで救急車呼んだら

「病院は何処へ行きますか?」と聞かれ

私、またまたビックリで

まさか搬送先を聞かれるなんて思ってもいないので

全然思いつかず・・・

結局、朝に連れて行った病院へ

一応、大きな総合病院でした



まだその時点では

旦那はしゃべる事も出来てたし、身体も動いてました

ただ、深呼吸しても息が苦しくて

下半身が痺れて足が痛いらしく

自分じゃ歩けなくなってました



後で聞いた話ですが

呼吸困難を起こしていて

その症状である

いわゆるチアノーゼが原因で

顔の斑点や下半身の痺れがおきていたそうです

まだ意識がはっきりして

しゃべる事も出来ていたのは

チアノーゼが脳まで回ってなかったからだと言われました



病院についてどれ位たったでしょう

このまま入院になるだろうと思ってた私に

「覚悟しといて下さい、

このまま生きていたとしても、おそらく植物人間でしょう

身内の方に連絡して下さい」

と言われました



その後旦那は、口に呼吸器をはめられ・・・

話も出来なくなり

何度も私の方を見て

目を見開いて何か言いたそうにしてましたが・・・

旦那の目を開けてる顔を見たのはそれが最後でした

皆が駆けつけた頃には

意識もほとんどなくて

もう生死を彷徨っていたのだと思います



そして病院からは

「もううちではてにおえません」と言われ

愕然としましたが

バカな私は

殺されても死なないような身体だった旦那が

このまま死んでしまうとは

どうしても思えずに

大学病院に移す事にしました



それからまたどれ位たったでしょう

治療室に呼ばれました

お医者様から、馬乗りになって心臓マッサージ受けていた旦那を見せられ

マッサージをやめたらこんな状態です

とまるで、テレビに出てくるような器械を見せられ

手を離すと

プーっと心拍数がゼロになるんです

もちろん大声で呼んでも目は開きませんでした

これ以上やっても

もう生き返りませんよ、と宣告を受けたようなものです



日付けは変わり

午前1時を過ぎていました

平成7年5月21日 日曜日

この日が旦那の命日です



人間の防衛本能は凄いですね

嫌な事を忘れる様に出来ているんでしょう

その後の事はほとんど憶えていません

さくら亭のソムリエでもあり友人に

病院の説明を聞いてもらったり

葬儀の手配などいろんな事をやってもらいました



その日娘は中学最後の運動会

一睡もしてなかったけど

出掛けて行きました

パパっ子だった娘

よく頑張ったと、我が子ながら感心します



私は旦那のそばで動けずにいました

冷たくなって行く身体を

ずっとさすってました

あまりにも突然だったので

状況が飲み込めず

本当にバカな私は

まだ生き返ると信じてました



お通夜には沢山の方に参列して頂きました

毎晩一緒に遊んでいあた友人達が

旦那の棺の前で騒いでました

お通夜は泣く為だけのものではないと初めて思いました

それ見てて、旦那亡くした私が嬉しかったからです



翌日は葬儀の前に

火葬場に行きました

ここでもバカな私は

焼却炉に火を入れるボタンを押したら

生き返れなくなると

錯乱状態になっていました



すると娘が、「ママ、仕方ないんだけん」って・・・



私、はっとしました



まだ、14歳

娘も辛いはずなのに

ちょっと我に戻った瞬間でした



葬儀も終わりしばらくは

昼間は毎日なんだかんだと手続におわれ

忘れられるかと思ってましたが

どうして病気の旦那がいるのに

仕事に行ったんだろうと

自分を責めて、責めて、責めて

毎晩、眠れず声を殺して泣いていました



最初の病院に運ばれてすぐに

何時頃から苦しくなりましたか?と先生の質問に

旦那、午後2時頃からと答えてました

私が家に帰ったのは8時頃

6時間も苦しいのを我慢してたんです

我慢せずに

私の会社に電話してくれれば

もう1度病院へ行き

手遅れにはならなかったかもしれません



何もかも後悔する事ばかりで

たぶん自分が自分でなくなっていくというか

やっぱりおかしかったのかもしれません



その頃の私、自分の事ばかりで

娘の事全然見えていませんでした

今でも可愛そうな事したと

とても反省しています



先月、福岡の同級生から

5月に遊びに行くからと連絡がありました

熊本に来る日は

5月21日、友人は命日だと憶えてはいませんでした

でもその事伝えると

喜んでいるようでした

旦那が呼んだのかもしれませんね



長々と読んで頂きありがとうございました

もし旦那をご存知の方

このブログを読んで頂いてたら

明日、旦那の事を少しでいいので思い出して下さい

きっと喜ぶと思います


































































同じカテゴリー(おばさんのつぶやき)の記事画像
こんにちは
カリカリ梅に挑戦
うっかりしてました
一生捨てられないもの
思い出が消えないように
おはようございます
同じカテゴリー(おばさんのつぶやき)の記事
 こんにちは (2013-06-20 16:54)
 こんばんは (2013-06-12 23:59)
 カリカリ梅に挑戦 (2013-06-04 18:48)
 うっかりしてました (2013-05-31 07:18)
 一生捨てられないもの (2013-05-20 23:53)
 思い出が消えないように (2013-05-18 20:16)

この記事へのコメント
明日が命日なんですね。
旦那さまの写真を見て、yuiさんの文章読んだら、
涙が出てきました。
yuiさんは、思い出したくないであろう、その時の事を
がんばって、書いてたんだろうな~。とか、色々、思い
ました。
その日は、元気だったのに、何で・・・・?ですよね。
辛かったですね。
いつも、元気なyuiさんがに、こういう事があったとは・・・。
知りませんでした。
私も大好きだった、おじいちゃんが、保育園から帰ると、
もう、帰らぬ人になってました。
急な事で、信じられないですよね。
何か、反省しました。パパンダをもう少し大事に
したいです。
いてくれるだけで、幸せなんだと、教えられました。
今度は、自分の体を大切にしてくださいね。
Posted by パンダコパンダ at 2009年05月20日 18:54
若かりしyuiさん、こんな辛い経験なさってたのですね。
“身内の死”これほどショックなことはありません・・・
でも、娘さん中学生という難しい時期だったのに、
しっかりとお母さんを支えて偉かったですね。

病気って怖いですね、なんの前触れもなく突然の高熱
だったのですか?
人はいつどうなるかって分からないですね。
日々、生きていることを感謝し、ゆっくりよく噛んで食べなんですね。
(ちょっと外れてしまいましたが・・・^^;)
Posted by ちこさくちこさく at 2009年05月20日 20:20
けん坊はいつも、虹の橋のところで、美味しい料理を作りながら
yuimamaやyuiちゃんを見守っているよ~!
天国でも有名なシェフだよ!!きっとね!

yuimamaこれからも、けん坊の分まで楽しんで、健康でいるんだよ~
Posted by のり奴 at 2009年05月20日 20:31
読んでて胸がいっぱいになりました。
娘さんのためにも、yuimamaさんが健康で長生きしてください♪
整体honobonoもyuimamaさんのように遠くに外出できない人のためにできることを考え中です(^o^)
Posted by honobono at 2009年05月20日 20:49
この方がご主人なんですねぇ…永遠に若いままなんだ…

前に聴いていた話だけど、読みながら、胸が苦しくて涙が出ました
読んだけでこやんだけん(><) 本当、自分ば責めて責めたでしょう…
yuimama、本当にきつかったですね。よく頑張ってきたですね。
Posted by コタママ at 2009年05月20日 21:27
今日が命日なんですね。。。
私は、ご主人の美味しいお料理を思い出します..。o○☆

娘さんはきっとyuimamaのこと分かってくれてますよ(^_-)-☆
Posted by パチュリ at 2009年05月21日 08:09
私も 読んでて 胸が痛くなりました。。。

わたしは まだ 父も母も 元気で 近親者を亡くした経験は ないのですが  その日は いつか 必ず やってくるわけだし そのとき わたしは たえられるのだろうか。。。

娘さん 辛かっただろうに おかあさんを しっかりと、支えてくれたんですね・・・

一度 父が 転落事故で 生死の境を さまよった時の 母の取り乱しようが ものすごくって 手術 無事 終わって ほっとしたときに 父が 母より 先に逝ってしまったら 母は どうなってしまうんだろう・・・と 考えたら 怖くなったのを おもいだします・・

うちの母 だいぶ 父ば すいとらすけんですね・・・

yuiさんと お話してても しょっちゅう うちの旦那がねっ・・・って 会話に 出てくる旦那様・・・

亡くなった旦那様も yuiさんに 愛され 今も、幸せ感じてらっしゃると おもいます(^^)
Posted by まるこめ at 2009年05月21日 10:18
事務所のパソコンの前で涙がとまりません。。。

のりやっこからお話は聞いていましたが、今日初めてプログを読んで。。。

悔やまれてならないお気持ちは胸が痛むほど、わかります。

私も、5月に娘を亡くし、下の娘がちょうど、運動会だったので

タイムスリップしてしまったようです

そんな大事な日に、お願い事をことずけたことに、とまどいを感じてます

これからあまりむりをせず、お互い一人娘のために歩んでいけたらと思いま

す。
Posted by みちやっこ at 2009年05月21日 14:06
パンダコパンダさん

もう過ぎた事ですが、一生忘れられない日です
若い頃いろいろあって、やっとこれからという時でした

親と暮した時間より長く一緒に居たので
親より大切だったかもしれません

パパンダさん大切にして下さい
一緒に居れるだけで幸せだと思います
Posted by yuimamayuimama at 2009年05月21日 17:04
ちこさくさん

旦那も私も34歳でした

娘は、記事には14歳と書きましたが、誕生日前だったので
まだ13歳でした
なのに誰に似たのかわかりませんが
旦那亡くなった後本当に助けられました

病気は怖いです、結局病名はわからずじまいです
人生いつどうなるかわかりません
お互い悔いのない人生を送りましょう
そして、よく噛んで食べましょう 笑
Posted by yuimamayuimama at 2009年05月21日 17:15
のり奴さん

今日はありがとう(^_^)/
久し振りで嬉しかった~

美味しいもの全部食べてないので
またすぐに遊びにこないと 笑
〇〇子にもよろしく~

私も近いうちに行きた~い(>_<)
Posted by yuimamayuimama at 2009年05月21日 17:20
honobonoさん

はい、孫の顔見るまでは
私が健康でいなくちゃいけません
長生きしますよ~(^_^)/
Posted by yuimamayuimama at 2009年05月21日 17:24
コタママ

永遠に若い、ふけた旦那です 笑
亡くなったのは34歳ですが、この写真は20代前半です 笑

誰かから、運命は変えられないと聞きました
旦那はきっと34歳で役目をおえたのでしょう
そう考えると私が脳梗塞起こしてもまだ生きていられるのは
私の役目に精進しなさいと言う事です

おかげで良いお友達に巡り会えました
もちろん、ブログ仲間もです

それで辛さは吹っ飛びます 笑
Posted by yuimamayuimama at 2009年05月21日 17:34
パチュリさん

とにかく自分の料理を食べてもらう事が
生きがいみたいな旦那でしたから
喜んでいると思います

ありがとうございます
Posted by yuimamayuimama at 2009年05月21日 17:36
まるこめちゃん

私もおとよさんと一緒よ~
今でも旦那、愛してる☆・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・☆
Posted by yuimamayuimama at 2009年05月21日 17:44
みやこっちさん

はじめまして(^_^)/
いえいえとんでもない
こちらこそ、お土産まで頂いて
しかも、雲丹のり~♪ありがとうございました

なんせ、零細ブティックですので
あまりお役には立てないかもしれませんが
こちらこそ、よろしくお願いします

お嬢様の事は言葉もありません
ほんとお互い1人の娘を大切にしていきましょう
Posted by yuimamayuimama at 2009年05月21日 17:54
いつもお話しに出てくる旦那様。
今日だったんですか?

今からと言う時に辛い出来事でしたね。
みんな必死に生きて、人生いろんなことが起きます。
負けずに頑張りましょう。
Posted by koro at 2009年05月21日 18:47
yuiさん

うちの旦那も 今 34歳です・・・
何がおこるか わからないですもんね・・・・

さしより 市から 検診のお便りがきとったけん 検診うけさせます・・

てかてかっ 旦那さま 20代前半の写真なんですかー!!!!!!?

20代で このダンディーさ・・・ 

いわせんです♪ さすが yuiさんの 愛するダーリン♪

あっ 近いうちに おじゃましたら 通りもんと 明太煎餅に ありつけちゃうのかしらん? 笑
Posted by まるこめ at 2009年05月21日 19:31
koroさん そうですね、明日何があるかわからないので後悔のないようにありたい物です。
Posted by yuimama at 2009年05月21日 21:03
まるこめちゃん 17、8の頃から30代に見られよったよ〜(爆)ダンディーじゃなかばってん(笑) 明日はまだあるよ〜詩乃さん連れて遊びに来る
Posted by yuimama at 2009年05月21日 21:14
彼は自分の事をまさき君と呼びました..
まさっくんでは無くて。やすよさんもいまだに、まさき君て呼びますね。
今日は..泣きます。
Posted by せっしゃ at 2013年05月21日 10:44
せっしゃ殿

この記事は私がブログはじめて初めての命日に書いたけど
本当に突然だったし
当時の事知らん人が多いと思ってFacebookに載せてみた

つきだくんだけは私の兄貴に鷲鼻が似てるけんにいちゃんっていうけど
ほかはみんな一緒、村本君ケン坊もずっとそうだったよ
まさき君はまさき君たい。
Posted by yuimamayuimama at 2013年05月21日 10:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。